フリーランスの思考回路

フリーランスに限らず今後のビジネスはネット中心になっていくので、どこに収益が発生するのか、何に投資すべきかということを考えるのが仕事です。
テレビなどでも流行らせたいものを全面的に押し出しているのが一目瞭然なので、それに乗っかるなどの手法がです。逆に、圧力をかけて流行らせないようにしている部分もあるので、そこに関してはタガが外れるのを待つのが良いでしょう。


テレビというメディアは特に権益が薄れていっているのに悪あがきをしている部分がわかりやすいので、これはある意味ビジネスチャンスとしての目線を向けやすいです。



テレビはもう見ないという人は多いですが、逆にそういった目線で見るのであれば良いでしょう。


フリーランスは情報に投資して学習し続けるということを趣味にすると良いです。これはフリーランス以外でも同じなのですが、今後の社会は情報を得た人が有利ですし、逆に言えばそれができれば人脈や物理的な問題を超越することが可能です。



学んでいさえすれば誰でも個人で平等に機会を得られるので非常に便利な時代です。



現代は昔の人が一生で得るような情報量をわずか数日で得ることが可能です。

しかし、もちろん全部が必要な情報というわけではなく、一部の情報が自分にとっての必要な情報です。

基本的には抽象度の高いものの方が重要度が高い場合が多いでしょう。

考え方や調べ方の方向性や、収益全体の主流などが例です。調べ方に関してはグーグルは優良です。