フリーランスに向いている人とは

特にフリーランスに向いている人というのはいるのでしょうか。



まず、得意分野があるということです。

wikipediaの詳細は専用ホームページで紹介しています。

何をすれば良いのか分からないのでは、仕事を始められません。得意なことがバラバラで、なんでも屋さんになってしまうよりは、関連する仕事がひと通りできるほうが望ましいです。

そしてこの働き方は、仕事をもらわなくては始まらないため、人脈づくりができるかどうかです。

やりとりは誰かがやってくれるわけではないので、自分で取引先と話し合うことになります。
極端な人見知りでは、なかなか人脈を広げたり、アピールすることが難しくなるので、改善していきましょう。

フリーランスの場合は、出社する義務がありません。満員電車に乗ることがなくなるのはメリットです。

だからといって、仕事を後回しにしていたら、納期に間に合わなくなってしまいます。

忙しくなってくると、複数の仕事を同時進行させることも発生するでしょう。

忙しさのあまり、休日をつくらないと気分転換ができませんし、友達同士の付き合いが悪くなってしまいます。
そういった面から考えても、スケジュール管理がきちんとできる人でなくてはなりません。



自分のスケジュールがすぐに確認できるようにしておきましょう。フリーランスとして最も重要なことは、やはりなんといっても、健康面をしっかり整えておくことです。

誰にとっても、どのような仕事でも、健康が大切なのは共通しています。

フリーランスが休職してしまうと、その間は収入が途絶えてしまいますし、次の依頼にも影響しかねません。

元気に働くためにも、定期的に健康診断を受けるようにしておきましょう。